星占い事典|牡牛座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

牡牛座の感覚

石橋をたたいて・・・渡らないかも?

「堅実さ」という言葉は牡牛座のためにあるようなもの。

 

「いやいや私はそんなことありませんよ」という牡牛座がいても、やはり12星座中ではいちばん手堅い感覚をもっているといえるでしょう。

 

本当に納得のできることを優先して、冒険することを好みません。

 

安全パイを取るタイプと言えますが、これは怖がりだとか神経質だからという理由ではありません。

 

むしろ精神的には安定しています。

 

牡牛座はただ無理をせず、着実にすすんでいきたいと感じているのです。

 

この世界は、つねに破壊と創造を繰り返しながら拡大していきますが、牡牛座の役割は、どこかで生み出されたものを最も確かな方法で積み上げていく役割といえるでしょう。

 

安全な道を選択するためペースはゆっくりになりがちですが、結局はそれが一番の近道だと本能的に知っているのです。




五感が体中をかけめぐる

お腹がいっぱいになれば食べる物は何でもいいという人が世の中にいますが、そういう人のことは牡牛座は理解できません。

 

どうせ食べるなら美味しいほうがいいに決まってるじゃない?とどうしても感じます。

 

牡牛座にとって「肉体」は、感じたものを思考に転換する装置のようなもの。

 

あらゆる刺激を、肉体を通して理解する傾向があります。

 

美味しいものを食べたり、良い香りをかいだりすると、まさに細胞レベルでそれぞれの感覚を味わうといえるでしょう。

 

牡牛座にとって食べ物はただの栄養素や空腹を満たすものではなく、楽しさと喜びを与えてくれるもの。

 

すばらしい香りは鮮烈な印象とともにさまざまなイメージが膨らむものかもしれません。

 

これは触覚、聴覚、視覚、すべてにいえることです。

 

さまざまな喜びを全身で味わうことができるというのは、牡牛座ならではの才能であり生まれ持ってのギフトだといえるでしょう。 




PAGETOP
Copyright © 牡牛座の運勢 ~ Taurus ~ All Rights Reserved.