星占い事典|牡牛座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

牡牛座の神話

牡牛座の神話

美しく清らかなフェニキア国の王女エウロペは、ある日、侍女たちをつれて水辺の草地へ花摘みにでかけました。

 

色とりどりの花々に夢中になっていたところ、ふと顔をあげると、目の前に輝くばかりに美しい白い牛が現れました。

 

その美しい牡牛はとても深く穏やかな目をしていて、王女がなでると静かに王女の側にうずくまりました。

 

そこで、エウロペはじゃれるように、牡牛の背中にまたがってみると、牛はとつぜん走り出し、海を越え、空を越え、あっというまにエウロペを連れ去ってしまいました。




着いた先はクレタ島。

 

そこで、牡牛は大神ゼウスに姿を変えました。

 

好色な神ゼウスはあまりにも美しいエウロペを見かけて一目ぼれし、花嫁にしようとさらってきたのでした。

 

全能の神であるゼウスはとても惚れっぽく、好きになったらあらゆる手段で手に入れてしまうのです。

 

ゼウスには正妻ヘラがいますが、ヘラはとても嫉妬深く、夫ゼウスの浮気は決して許しません。

 

そのため、遠くはなれたクレタ島にエウロペをかくまわなければならなかったのです。

 

浮気性な大神ゼウスですが、エウロペに対しては献身的に愛をささげエウロペはクレタ島でゼウスとの間に3人の子供を産みました。

 

その一人が、有名なクレタ島のミノス王です。

 

また、ゼウスが愛するエウロペとその子供たちに与えた土地がいまのヨーロッパだといわれ、エウロペがその語源になっています。

 

美しいエウロペを愛した神の化身である白い牛が、牡牛座となったといわれています。




PAGETOP
Copyright © 牡牛座の運勢 ~ Taurus ~ All Rights Reserved.